ワキガの僕がニオイセンサーで体臭チェック

Ag+の効果をワキガの僕がセンサーで測定!

Ag+の効果をワキガの僕がセンサーで測定!

デオドラント・制汗剤の定番中の定番Ag+。 ここでは、Ag+(スティックタイプ、無香料)の効果をニオイセンサーで測定した結果をまとめます。

スポンサード リンク

AG+

商品説明: 資生堂から発売されている人気デオドラント製品。 「においの原因となる菌を銀が殺菌し、 わきのにおいを元からカットするデオドラントスティックです。」 (アマゾンの商品説明より。画像はアマゾンより拝借)

Ag+デオドラント スティックの詳細を見る(amazon)
Ag+デオドラント スティックが最安のお店を探す(rakuten)

数多くのデオトラント製品が存在しますが、 デオナチュレにならび定番商品であると思います。 ワキガの治療で有名な五味クリニックの五味先生も、 市販のデオドラント製品を利用するなら、 とりあえずAg+を試してみることをどこかで薦めていたと思います。

資生堂のAg+は、パウダースプレータイプも発売されていますが、 口コミサイトなどの情報によると、 スティックタイプがより効果があるそうです (制汗剤・デオドラント製品は一般にそうらしい)。 また、各種香料入りの製品もありますが、 香料のニオイがセンサーに反応してしまいますので、 今回の実験では、スティックタイプ・無香料を使用します。

測定手順:

デオナチュレのときと同様に。 (参照:体臭チェック!ニオイセンサーのススメデオナチュレ・ソフトストーンWの効果をワキガの僕がセンサーで測定!

  1. 朝のシャワー直後に、左右両方のワキと背中のニオイの強さを測定。
  2. 右側にのみAg+(スティックタイプ、無香料)を塗る。
  3. 夜に、再度、両ワキと背中の臭いの強さを測定。

利用するニオイセンサー:XP-329m(新コスモス電機)

実験の日の天候: 天気:晴れ、最高気温:31度、湿度:普通。

補足:

  • 片方のワキ(右)と背中(右側)にのみ、制汗剤をぬり、 左右の臭いの強さの変化を比べることで、制汗剤の効果を測定!
  • 背中の臭いも測定するのは、比較のため。背中にしたのは、 比較的汗をよくかく場所だから。

結果1

部位 朝(シャワー直後)の数値 夜の数値
左ワキ:制汗剤なし 111 180
右ワキ:制汗剤あり 128 201
背中左:制汗剤なし 105 129
背中右:制汗剤あり 98 203

測定場所のニオイの強さ:68

制汗剤なしよりも、制汗剤ありの方が、値が大きい!? 変だなあと思ったのですが、 Ag+独特の製品臭(金属臭)が、かなり強く残っていた模様。 確かに、いわれてみれば、ワキに鼻を近づけるまでもなく、金属臭が、ぷわーんと…。 塗った直後に、気が付くべきでした。

製品を塗りすぎたみたいです。 その日一日、金属臭と汗の混ざったニオイをまき散らしていたのだと思うと、 ちょっとブルーになりました…。

このAg+は、塗りすぎは厳禁ですね。 どうしても不安になり、たくさん塗ってしまった…。

結果2

薄く塗るようにして、再実験。

部位 朝(シャワー直後)の数値 夜の数値
左ワキ:制汗剤なし 110 185
右ワキ:制汗剤あり 113 130
背中左:制汗剤なし 105 131
背中右:制汗剤あり 102 121

適量塗ってあげると、良い感じです! デオナチュレなど同じくらい効いているみたいです。

Ag+を塗った右ワキのは、他の部位とほぼ同じくらいの数値。 ニオイをワキ以外の部位並みに抑えられていることになります。

まとめ

Amazon

資生堂 エージープラス Ag デオドラント スティック 20g 無香料

新品価格:980円から

楽天

資生堂エージープラス(Ag )  デオドラントスティック 無香料 20g

価格:980円

Ag+は、独特製品臭(金属臭)があるので、塗りすぎに注意。 適量濡れば、その効果は、とてもよいみたいです。 さすが人気商品。

スポンサード リンク