ワキガの僕がニオイセンサーで体臭チェック

ニオイセンサーとは?

ニオイセンサーとは?

体臭チェック

スポンサード リンク

ニオイセンサーとは、その名の通り、ニオイのセンサーであり、 ニオイの強さを数値化してくれる装置のことです。

ニオイの強さを測定するニオイセンサーは、 いくつのかメーカーから発売されいますが、代表的なものを挙げると、

  • 株式会社カルモアの e-noseシリーズ
  • 新コスモス電機株式会社 XP-329シリーズ

でしょうか。

非常に多機能なものから、お手軽な簡易版までいろいろな製品がありますが、 体臭の強さをただ測定するだけであれば、簡易版で十分であると思います。 高機能なものだと、連続測定したり、測定値を保存できたり、様々な解析が できるのですが、そこまでの機能は体臭測定では必要ないと思います。

ただ、簡易版でもその価格は10万円を超えます。 この価格は、さすがに手が出ませんが、 レンタルを行っている業者さんがいくつかあります。 業者さんや機種にもよりますが、 3日で5000円〜でレンタル可能です。

私はレンタルで今のところ済ませています。

使い方は、とっても簡単。 ニオイの強さを計りたいところに、ニオイセンサーをかざすだけです。 機種にもよるとおもいますが、 何秒間かその場所・部位にニオイセンサーをあてておくと、 表示される数値が一定に安定してゆき、 その値が測定したい臭いの強さを表す数値ということになります。

注意事項としては、その数値はあくまで、「相対的な値」であるということです。 というのも、 臭いの強さを表す絶対的な基準・単位というものが、 現在のところ、まだ存在していないのです。 音でいうデシベル(dB)、光でいうルクスのようなものが、 臭いにはありません。 ですので、ニオイセンサーは各メーカー・機種ごとに、 異なった方法で、臭いの強さを数値化しています。 大抵のセンサーでは、最初に基準となるニオイの強さ(外の空気など)を設定し (それを0とする)、それよりもどれだけニオイが強いかを数値化します。

したがって、ニオイセンサーで得られる数値は、 主に、他の臭いの数値と比較することで利用します。 例えば、「場所Aの臭いと場所Bの臭いでは、Bの方が大分強い。」とか、 「5時間前と今とでは、今の方が臭いは弱い」とか、そんな感じで使います。

スポンサード リンク